マリオット&ホテル宿泊記
宿泊記やおススメのホテルを紹介
マリオット滞在

(カンボジア) Coutyard Phnom Penh

2020年1月1日元旦に泊まったカンボジアのプノンペンコートヤード。前日にアンコールワットに行って泊まったコートヤードとは少し異なり(といっても、そこまで大きくは変わらないが)、部屋の内装が良かったり、ラウンジがあって良かった。ラウンジの写真撮るのを忘れてしまったが。。

そもそもカンボジア首都ということもあり、アンコールワットがあるシェムリアップより発展していた。中国でいう、3-4級都市という感じ。ちなみにシェムリアップは中国でいう田舎の4-5級都市。シェムリアップは一部Barが集まった場所はあったが、大きなビルや建物はなかった。一方、首都プノンペンは建物やビルなどが少しあったり、現在開発中だったりする。

1泊151ドル(一部屋分、2人分)のため、日本に比べると安いが、コートヤード&カンボジアならこの程度かと思う金額である。ちなみに中国でもフォーポイントやコートヤードレベルならこの程度である。

空港からはタクシーで約30分前後だが、比較的に街の中心であり、便利な場所にあると思うし、部屋の内装などもこの価格ならけっこう満足すると思う。個人的には前日に宿泊したシェムリアップのコートヤードより良かった気がする。

10点満点評価

1、7.5点:【立地、利便】 空港や観光地からタクシーで30分程度だが、都市の中心地域にあり、とても便利だと思う。

2、7点: 【価格】 1泊訳150ドルであり、カンボジア&コートヤードを意識するとこの程度かと想定するが、部屋の内装やラウンジもあるし、立地もよく、朝食も結構よかったため、その点を考慮すると、安いと思う。

3、6.5点:【綺麗さ】内装はけっこう綺麗でよかった。虫などもいなかった。

4、7点: 【ラウンジや朝ごはん】コートヤードにしてはラウンジもあり、朝ごはん(ラウンジのご飯は少なかったので普通の食事場所で食べた)もよかった。

5、7点: 【総合】価格、立地やごはんなど、総合的に良かった。また、プノンペンに行くようなことがあれば泊まりたいと思うし、出張などで使用するのもよいと思う。(プノンペンという土地柄的にバカンスで行く人は少ないと思うが)