マリオット&ホテル宿泊記
宿泊記やおススメのホテルを紹介
ホテル滞在

(上海) インディゴ 上海 オン ザ バンド Hotel Indigo Shanghai on the Bund

中国は今月11日~17日まで旧正月休みであるが、コロナウイルスが先月から中国各地で発生していることから上海市から出ることを自粛しているため、ずっと上海にいる。この機会にかねてから泊まりたかった上海市内のホテルであり外灘沿いにある、「インディゴ 上海 オン ザ バンド Hotel Indigo Shanghai on the Bund」に泊まってきた。マリオット以外でちゃんとしたホテルに泊まるのは久しぶりであったし、ずっと泊まりたいと思っていたので本当に楽しみにしいた。

なぜ、このホテルを楽しみにしていたかというと、2012年初めて上海に来た際、外灘の夜景に行った際、歩いてる途中にこのホテルを通っていたため、いつか泊まってみたいなと思っていた。

まずチェックインする際に、思ったことは受付の人の処理がとにかく遅かった。旧正月ということあり人が混んでいたこともあるが、かなり多くの人が並んでおり、3時過ぎにチェックインに来たが、掃除中ということで6時に再度またチェックインに来た人はまだ待たされ、もうキャンセルすると受付の人ともめていた。。しかも何人かの人がもめていたので、旧正月も影響しているがサービスは悪いなと思った。

自分が最初に予約した部屋は外灘夜景が見える部屋だと思っていたが部屋から景色が見れなかったため、約5000円(日本円)のアップグレード料金を払い部屋を変えて頂いた。実際にアップグレード前の部屋も見たが(下記写真あり)、このホテルに泊まるなら、少し高い部屋にはなるが、外灘の夜景が見れないならあまり意味がないため、是非とも夜景の見れるホテルに泊まることをお勧めする。

10点満点評価
1、9.5点:【立地、利便】上海の絶景観光地である外灘沿いにあり、立地は問題ない。ここから浦東側にも観光でき、申し分ない。

2、6.5点:【価格】旧正月休み中に泊まったため、もっとも高い価格だっと思うが(1泊2名一部屋2100元、約3.3万円)、少し高い。この価格ならリッツカールトンの一番安い部屋にも泊まることができる。通常シーズンなら1500元、約2.4万程度のため、もう少しリーズナブル。

3、9.5点:【綺麗さ】2010年に開業されたがかなり綺麗であったし、何よりも部屋の内装や家具が非常にお洒落であった。そのお洒落感から比較的に若い人向けになるかもしれないが誰が見ても良い気分になるはずだ。

4、6点:【朝ごはん、サービス】朝ご飯は比較的に品数が少ないのと、面類がなかったこと、またその場で卵焼きや麺を調理する場所がなかった。その場で調理したものを出すのが普通になっていた自分にとっては減点である。また、受付のサービスが極めて悪かった。旧正月ということで混んでいるのも分かるがチェックイン、アウトの処理が遅いことや予約が取れてない人もいたりで激怒して口論してる客が多数いた。

5、7点:【総合】兼ねてから泊まってみたかったという期待値が高かったこともあるが、受付のサービス対応の悪さ、朝ご飯にがっかりした。またこのホテルに泊まるなら、少し高くなるが外灘の夜景見える部屋を選ばないと意味がないため、価格的には高くなってしまう。一方で、そうした部屋に泊まれば眺めも良いし、部屋もお洒落なため、満足できるはずである。

上海のほぼ中心、外灘沿いに位置する
アップグレード後実際に泊まった部屋からの眺め
最初に案内されたアップグレード前の部屋 (外灘の夜景が見れない部屋)
最初に案内されたアップグレード前の部屋 (外灘の夜景が見れない部屋)
最初に案内されたアップグレード前の部屋 (外灘の夜景が見れない部屋)
ここからはアップグレード後の部屋 (実際に泊まった部屋)