マリオット&ホテル宿泊記
宿泊記やおススメのホテルを紹介
ホテル滞在

北京 光明飯店:日系ホテル おススメホテル

北京飯店

2021年3月に北京へ行った時に泊まったホテル、光明飯店。かなり久しぶりで懐かしかった。2012年〜2015年まで北京に住んでいたため、その時に中国語の学校が隣にあり、よく通っていた。場所は首都空港からタクシーで30分程度だが渋滞があると40-45分程度かかる。比較的に空港よりのため、タクシー運転手に嫌がられたのも過去に何度もあった。亮马桥という、日本大使館の近くにあり、日本人街のため、駐在員で知らない人はいないはずだ。ここにのホテルなら日本人が出張者でも多く宿泊しているので中国語が出来なくても大丈夫である。

価格や環境

このホテルは特別ゴージャスや朝ごはんが美味しいわけではないが、コスパはかなり高い。1泊あたり1万弱で宿泊でき、安い場合は、8000円〜9000円で宿泊可能である。ホテルには24時間空いているセブンイレブンも1階に入っておりかなり便利である。また、日本街近くのため、日本人駐在員との日系居酒屋場所も近くにあり、とても便利である。(一番下の写真)とりあえずコスパ良く、安全な場所に泊まりたいならここに泊まっておけば問題ない。このホテルの裏には今はかなり廃れててしまったが好运街(ラッキーストリート)と呼んでいた日本人街レストラン通りもあり、乾山寿司は高級寿司屋で普通に美味しく食べれる駐在員の間でも食事会などで使われる。

総合評価

10点満点評価
1、8点:【立地】タクシーで空港から30分くらいで北京の中では近い方である。日本人が住んでいる地域にあり、出張者なども送り迎えが楽である。

2、8点:【価格】1泊8000〜10000円弱でコスパは高く、リーズナブル。ただし、部屋はいたって普通の部屋なので期待しないこと。

3、6点:【綺麗さ】日本でいう東横インレベルのため(昔からあるためそれより少し古い感じ)、あまり綺麗さやゴージャスは期待してはいけない。

4、7点:【ご飯】中国でいう普通の朝ごはんだが、ホテル1階にセブンイレブンもあるため、夜なども困ったらコンビニで夜食や飲み物を買うことが可能。

5、7点:【総合】リーズナブルで非常にコスパが高い。また、日本人出張者なども沢山泊まっているため、受付の人も日本人慣れしている。日本語できる人がいたかは覚えてないが何かしら対応はしてくれる。また、立地も良く、ここに泊まれば間違いないはずだ。ただし、天安門などはもっと南側のため、車で25-30分程度かかってしまう。。

おしゃれ居酒屋、ワタミ
二郎系ラーメン、ここは麦子店という地域で、ホテルから裏側に10分くらい歩いた場所にある。