マリオット&ホテル宿泊記
宿泊記やおススメのホテルを紹介
マリオット滞在

(銀座)コートヤードマリオット東武銀座

昨年2019年6月に泊まったマリオット東武銀座ホテル、宿泊時の写真は残っていないが、昔の宿泊履歴をみていて思い出したので紹介した。2020年には東京都心にも数多くのマリオット系列グループが新しく増えたが、昨年までは限られていたため、都心の比較的にコスパの良いコートヤードに宿泊した。このホテルで自分が最も覚えていることが二つある。

1つめは、【立地の良さ】 。銀座駅から徒歩5分、有楽町駅や新橋駅からも徒歩10分で立地が抜群。
2つめは、【建物が古い】。中の部屋に入って感じて調べたが、実は開業したのは「銀座東武ホテル」として、1987年である。そのあと、内装デザインなど変更したものの建物自体は立て直していないようにみえる。入口や受付は現代っぽく見えるが、部屋に行く際の通路などで感じた。
その後、2007年に日本初の「コートヤード」として、リブランドして現在に至っている。

このため、東京都心(銀座や新橋)の出張者や買い物者が対象かと思った。カップルや友達、家族で訪れるには少し勿体ないと感じた。もちろんコートヤードのため、価格は比較的に安く、自分は二人合わせて2万少しだった。ただ、自分はもう二度と泊まらないと思っている。。

10点満点評価
1、9.0点【立地】銀座から徒歩数分のため、抜群である。

2、7.5点【価格】1泊2万少し(一人1万ちょっと)のため、コートヤードのコスパである。

3、5.0点【綺麗さ】ロビーや受付は綺麗だが部屋や建物自体は1987年開業もあり古い。

4、6.5点【朝ご飯】落ち着いて食べれる空間、食べ物も比較的に充実していた。

5、6.5点【総合】立地と価格重視になり、カップルや家族向けでなく、出張者や買い物目的の旅行者向けの場所である。やはり古いのが否めない。

出典:マリオット公式サイト
出典:マリオット公式サイト
出典:マリオット公式サイト
出典:マリオット公式サイト
出典:マリオット公式サイト