マリオット&ホテル宿泊記
宿泊記やおススメのホテルを紹介
マリオット滞在

(中国) フェアフィールドバイマリオット上海静安

国慶節ということもあり、中国版マリオットプラチナチャレンジ修行として、上海のマリオットに泊まってきた。これでノルマ8泊のうち、4泊を達成。以前からこのホテルは少し気になっていたが、ホテルの名前に静安寺という上海では比較的に中心地の場所がついているにも関わらず、宿泊代が安い「フェアフィールドバイマリオット上海静安」である。

行ってみると、自分の自宅からは電車込みで約40分で着いたが、やはり静安寺という中心地からは少し離れており、観光の中心地である外灘からも少し離れていた。外灘エリアなどへはタクシーで20分程度かかる。それでも、中国はタクシー代は安いため、このホテルの価格と綺麗さのコスパを考えるとけっこうお勧めである。

このホテルの特徴は部屋のデザイン、作りである。今回、自分はアップグレードされたため、通常の部屋は少しわからないが、自分が泊まった部屋は、バスルームがなく、トイレとシャワーの位置が極めて特徴的であった。特にトイレはかなりオープンの場所にあり、友達や恋人とは泊まりにくい作りである。(ダブルなどにすると他のタイプになるかもしれないが)こういった図面タイプは自分の経験でもかなり珍しかったため、斬新的であった。

個人的な感想として、部屋は綺麗だし、近くにもマックもあるし、何と言ってもコスパが良く、1泊500元(約8000円弱、朝食込み)程度のため、上海でコスパ良く泊まりたいなら、けっこうお勧めかもしれない。ただ、せっかく上海に旅行で来るならば、外灘近くの夜景の綺麗なホテルに泊まったほうが絶対にお勧めする!

10点満点評価
1、6点【立地、利便】外灘や静安寺までタクシーで20分程度、まあまあな立地である。

2、7点【価格】1泊500程度(8000円)であり、朝食込みでコスパは良い。

3、6.5点【綺麗さ】2017年にできたため、内装はけっこう斬新的で綺麗でよかった。

4、7点【朝ごはん】日本人が好きな小籠包やワンタン、珍しく麻婆豆腐もあり良かった。

5、6.5点【総合】もう少し場所が中心地に近ければ7~8点弱付けられる。